Q&Aサイト横断検索「海外進出コンサル」で検索した結果

Yahoo!知恵袋 解決済み

読み込み中・・・
僕はコンサルタントを目指している高1です コンサルで年収1000万程稼げるようになりたいと思っています そこで質問なのですが、2020年ぐらいに、一番稼げるコンサルはなんだと思いますか? (例えばITコンサルとか経営コンサルなど) そのコンサルになるための1番の近道になる大学と学部を教えてください
コンサルの人の本を読んでいると、これからの日本企業は選択と集中をガンガン進めて、グローバル競争で稼げる体質になるために新陳代謝を速く回さないといけない(低収益部 門はバンバン切り捨てる、つまり売却する、また人事においてもリストラと同時に能力ある若い人をどんどん上のポストにつけるなど)、といったことがよく書かれていて、それはそれで合理的、なるほどと思うんですが、一方、英米系のドライな産業社会よりも日独系の質実剛健な産業社会の方が実は経済パフォーマンスが高いというデータもあったり、高品質製品を作り続けるには年功序列の、伝統的な日本企業の方が強い、という議論もあるようです。 これはどっちの言い方の方が的を得ている、真実味があるんですかね?それとも議論の対象にしている企業・組織のタイプが違う、つまりフォーカスがズレてるってことでしょうか?
大学の経済学部の面接で、銀行員になりたいため、と言います。そこの大学は留学制度が豊富なため、留学制度も利用したいと言いたいのですが、銀行と世界、グローバル化などはどう絡めて言えばいいのかわかりません。 どのような関係があり、どう言ったらいいでしょうか?
現在大学3年です。就職活動も徐所に始めております。業界としては貿易、特に海外進出企業のコンサルタント業務に興味があります。 そこで質問なのですが、こういったコンサルを行うにあたって持っていると役に立つ資格は何かありますか?中小企業診断士はコンサル志望の場合もっていると役に立つとインターネットに書いてありましたが、実際のところはどうなのでしょうか?ご教授お願い致します。
日本企業や製品の海外進出をサポート、コンサルしているような企業を探しています サブカルチャーから伝統工芸まで日本製品を海外進出させるコンサルティング会社があると聞いています。 そういった会社で働けたらと考えているのですが、なかなかこれだという会社が見つけられません。 大手から中小までいろいろあるかと思いますが、みなさんのご存知の会社がありましたら、是非教えてください。 ちなみに所在地は東京で。 どうぞ宜しくお願いします。
大学での勉強についての質問です この4月から大学1年生なのですが、受験期に勉強していた反動からか全く勉強していません。 前期で失敗して後期で受かった底辺国立大学に進学しましたが、授業を受けていても新しいことを学んでいるという感じがしません。 かといって新しい勉強を始めようにも何をすればいいか分かりません。 とりあえず公共インフラ(学部も土木工学系)に興味があって、最近発売されたPS4のcity's skylineをしています (渾身のボケ) 大学生を経験した人からアドバイスをもらいたいです TOEICの勉強をはじめるべきですか?(あなたにとって今役に立っていますか?) 高校時代の勉強 物理・数学 で大学になっても使う単元はありますか? 高校時代使っていた参考書を解いたりするのは無意味ですか?
経営者、企業に現役で勤めている方に質問があります。(学生の身ゆえ、お手柔らかに願います。) ?これから半世紀の業界の動向を探っていった時、どの業界のどの職種が有望だと考えますか。(文系職に限る) ??をふまえて私という人間自身をブランディングするとして、どの職業につこうか、と考えた時、答えはどうなるでしょうか。 これからの事を考えればエリートはどんどん海外へ流出し、その他の賢い学生はIT事業かアウトバウンド事業に携わると私は思うのですが、敢えて国内に留まっている事業を狙ってみようと考えている自分はアホなのでしょうか。 英語は必要だと思いますがtoeicが700点しかなく、海外事業に携われる・それを武器にできるとは思っていません。また留学期間中に外に向けていた視線を、国内に向けたいという気持ちが強くなりました。インバウンド事業でもなく、国内の日本国民をエンパワーメントしていく形の事業です。今は過渡期でグローバルなんちゃらと騒がれていますが、海外進出にも限界が必ず来ると考えています。具体的にはインフラ(鉄道)、高齢者向け生保、社会人向け学習塾、再築のための不動産、日系コンサルなどです。内で食い扶持を作っていきたいと考えた時、この解に至りました。企業研究についてはこれから一年で深掘りしていくとして一旦置いておくつもりです。これらの選択肢についてどう思われますか? てきびしくても構いませんので色んな意見が聞きたいです。よろしくお願いします。
フォーバルテレコムの親会社フォーバルが掲げている「次世代経営コンサルティング」ではどのようなことをしようと考えられているのでしょうか?次世代という言葉に興味があります。
ベンチャー企業にどういった印象を皆さまはお持ちでしょうか? また、将来性を感じたベンチャーに新卒採用で内定を頂きましたが、大企業を蹴ってまで行くか悩んでいます。 特徴として ・みなし残業45時間 ・海外進出あり ・初任給25万 ・創立10年 ・ITコンサル業 ・従業員数150名 ・ベンチャー業界ではそれなりに有名 ・裁量労働制 ・経営者は一流企業から起業 ・職場の雰囲気は悪くない といった感じですが、皆さまからしたらどのように感じるでしょうか?
建設コンサル;地盤調査技術者の海外進出について 中堅建設コンサルタントで働いています。 入社して8年。大学院卒業。32歳です。既婚,子なしです。 地盤調査関連なら何でもやります。特に数値解析業務を得意としています。 技術士を取得して3年です。英語もコツコツ勉強しTOEICなんとか650点を超えました。 英会話教室にも通っています。博士号の取得も考えています。学会等にも積極的に参加しています。地盤調査だけでなく設計,計画の方にも興味はあります。 給料が安くて悲しいので,そろそろ移籍を・・と考えています。 また,どこか海外に行ければなと考えています。 海外に行くには外国のコンサルに直接入る,または海外部門を持つ大手コンサルに移籍する等あると思います。 私は求められていますでしょうか?視野が狭いので自分の評価が分かりません。 また,なにか実例,経験談をお聞かせください。 給与面も教えて頂けると助かります。
中小コンサルティング企業の強みってなんですか? たとえば、依頼主A企業が市場調査を依頼したいという際に、「○×総研」や「ア○ームコンサルティング」などのその属性に合った有名なコンサル企業に依頼すればいいと思うのですが、そこでわざわざベンチャー中小コンサル企業に依頼するメリットはあるのでしょうか? コンサルティング企業の強みというのはその情報収集力と信頼性による場合が多いという話をよく聞きます。 その点においても、中小規模のコンサル企業はどうやっても大手に劣る点が多いと思います。 仮にそうでないにしても、依頼主がわざわざ大手ではなく無名コンサル企業に依頼する理由はないと思います。 そのような厳しい業界の中でも中小コンサルティング企業が存在する(存在していける)のはなぜでしょうか? ご回答宜しくお願い致します。
韓国にダイエット機器のEMS機器を輸出したいのですが、韓国での法規制についてご存知の方がいらっしゃったら教えてください。日本では医療器具にはあたりませんが・・・
外資系コンサルティング会社に勤めている人ってどのような仕事を行っているのでしょうか? 婚活ブログ・記事を見ていてよく20代や30代前半で年収1000万の人の職業で外資系コンサルティングがでてくるのですが、いまいちこれらの仕事の内容がわかりません。 商社やメーカーなどはすぐにイメージがつきますし、業績で年収もなんとなくイメージできます。 一方でコンサルティングがなぜそんなに年収が高いのかよくわかりません。まぁ、その人の業績によるのでしょうけど
経営コンサルタントという職業について質問です。経営コンサルタントの現状について知りたいのですが、いまいち分かりません。 聞いた話によると、現在経営コンサルタントはやっていくのが難しい職業だそうです。中小企業では依頼する余裕がなく、大企業では企業内にその手の人物がいるから必要ないそうです。では現在の経営コンサルタントはどのようにしているのでしょうか?どうするべきなのでしょうか?こんな質問ですが、ぜひお願いします。
東海でゼネコンの仕事をしてるのですが、この先が不安です。 仕事はあるが単価が下がる、この先どうなるのでしょうか?建設業はあがっていきますか?
証券会社と銀行の相違点と類似点を教えて下さい。 相違点 資金調達手段(証券会社は直接金融、銀行は間接金融)、その他各5点ほど 類似点 証券会社 提案方法 銀行 コンサルテングによる資産運用アドバイス
公認会計士について質問です。 公認会計士と語学力について質問があります。 最近、公認会計士や弁護士などは飽和状態だと聞きます。そのため、苦労して資格試験に合格しても仕事がないのが現状だとか... そこで、もし語学力がある場合はどのように試験とそのあとの仕事に役に立つのかが知りたいです。 ある人はTOEICの点数が高いと面接試験の会場が別室だったなど、信じがたいことを書いておられた方もいます。それは本当ですか? 後、仕事をする上で語学力があれば、どのように生かすことが出来ますか? それは、十分なアドバンテージになるのでしょうか? どうか、公認会計士の方や、それについて詳しい方から回答待っています。 よろしくお願いします。
海外進出のコンサルティングの費用について 現在、海外(主としてアジア圏)の商社の人材部門とエンジニア派遣の取引をしています。エンジニアの受け入れを行っている顧客から、弊社の持つ海外との繋がりを活かして、海外進出の手伝いをしてくれないかと依頼されています。これまでコンサルタント的な業務は、無料のサービス的な感じで行っており、費用等を請求したことがありません。 もしコンサルタントとして、海外進出を支援する場合、どのような形、どのような基準で費用を頂けばいいでしょうか? 業界的基準等あればご教授願います。
海外ではなぜ中国人がオーナーの日本食レストランがあるのですか? なぜ日本人でもないのに日本食レストランをオープンできるのですか? スタッフが朝鮮人とかマレーシア人とかいうパターンがありますが、なぜ 日本食レストランなのに日本人だけで従業員が構成されていないパターンがあるのですか? 台湾人がオーナーの日本食レストランもありますが、なぜ日本人でないのに日本食レストランをオープンできるのですか?
ODA(政府開発援助)における円借款(STEP本邦技術活用条件)において建設工事を元請として請け負った場合の工事代金支払元はどこになるのでしょうか? 被支援国政府になるのでしょうか?それともJICAや外務省になる のでしょうか? そのタイミングや方法についてもご教示頂けると幸いです。 東南アジア某国におけるODA円借款(STEP)案件のインフラ整備工事の受注を目指すにあたって代金回収リスクを確認いたしたく存じます。 宜しくお願い致します。
経営コンサルタント会社というのは経営の水先案内人ということですか?経営コンサルの人は業種や進出国など全てにおいて指導助言出来る神の手を持つ経営補佐なのでは、と感じるのですが実際には違うのですか? 故に自身の経営コンサルタント会社等自身が経営する会社は常時景気は安定出来ているのでしょうか? これまでにもメディアなどで海外、主に中東などで経営コンサルタント会社を経営している日本人が紹介されていましたが、こういった人は外資系企業や外資系コンサルタント会社出身の方が殆どなのでしょうか? また、日本で経営コンサルタント会社を経営している方は海外で経営している方と比べて経歴や実績など質に大差があるのでしょうか? 最後に、海外の日本人経営者曰く、 業務内容としては、海外へ進出等する日系企業と日本へ進出等する海外企業を相手にコンサルタントやマーケティングをするとのことですが、具体的にはどのような業務及び資料等作成を行っているのですか? マニュアル的な資料作成業務など一般的な業務内容を教えて下さい。
今週、第一志望の上智大学経営学科の公募推薦があります。志望理由書に、「総合商社に就職するにあたり、世界市場に対応した経営戦略を把握し、海外企業との交渉に対応できる高い英語力を養いたい」と書きました。な ので、面接では必ず「総合商社」について問われます。 私は、総合商社の役割が「トレーディング」「事業投資」「金融機能」など多くあるのは知っているのですが、「総合商社の具体的な課題・展望」を正直よく理解していません。 なので、「総合商社の現状と課題、今後目指している姿、力を入れている事業」について、詳しく教えて頂きたいです!総合商社にお勤めの方、また、詳しい方宜しくお願いします!
既卒者25歳で職歴の無い人の3大監査法人への就職について 現在、公認会計士の資格取得を目指して勉強しています。大学へは一浪して入学したので、現在学部四年生で今年度23歳になりました。大学のレベルはセンター試験8割前後の国立大学です。 今回、知恵袋で相談させて頂きたいことというのは、既卒者かつ職歴の無い人の3大監査法人への就職についてです。長文乱文なうえに稚拙な文章ですが、最後まで読んで頂き助言をして頂けたら幸いです。 本題に入る前に、公認会計士の資格取得を目指すに至るまでの経緯を書かせていただきます。 私は去年の10月から就職活動を行いまして、幸いなことに4月の時点で内定を2社からいただいていました。しかし、本命の外資系コンサル企業への就職活動は全て失敗してしまいました。客観的に見て背伸びし過ぎていたと思います。 それから1ヶ月過ぎた5月、私は就職活動を終わらせました。しかし、外資系コンサル企業で働きたいという気持ちのせいで、内定を心から喜べない日々が続きました。 そして恥ずかしい限りですが、その時になって初めて将来本当にやりたい仕事についてどのぐらい本気なのか考えました。コンサル企業に就職するためなら内定を蹴り就職留年をするのか、そもそも外資系コンサル企業じゃなきゃなぜいけないのかなど。そして色々考えた末に公認会計士になるという選択をし、大手予備校のTACへ通い始めました。 この選択に何一つ後悔はしていませんし、この先もしないと思います。ただ、私が合格するのは早くて25歳です。公認会計士の合格者の平均年齢は26.6歳ですが、在学中に合格する人たちを考えれば、25歳というのは大してアドバンテージにはならないでしょう。 そこで以下の3点を中心にアドバイスをよろしくお願いします。 1.既卒で25歳、職歴なしだと3大監査法人への就職は厳しいかということ。 2.アドバンテージとして身につけるなら何が良いか。(TOEICのハイスコア、英会話など) 3.今後、日本は少子高齢化により内需が縮小していくので、海外へ進出する日本企業は増加していくと思います。また、TPPやIFRSが施行されれば海外進出ハードルが下がるので、日本企業の海外進出は更に増加すると思います。そうなれば、公認会計士の需要も増加していくのではないかと考えているのですが、この一連の流れで不適切な点や勘違いがありましたら、ご指摘よろしくお願いします。
入社以来経理財務に4年在籍しております。今後海外M&Aや投資案件に携わるような仕事につきたいのですが、転職を考える上で、米国公認会計士の取得はどの程度有効でしょうか? 現在インフラ企業で経理財務4年目となる者です。26歳です。 今後商社やコンサル等で海外M&Aや投資案件(できればインフラ系)に携わりたいと考えています。 簿記2級、TOEIC930を取得しておりますが、転職活動を始める前に米国公認会計士を取得すべきか検討中です。 (ちなみに現在の会社では海外事業部が拡大傾向になく、若手の配属がほとんどありません) 基本的な簿記知識があるとはいえ取得にはある程度時間・資金的(1年、20〜50万程度)にコミットしなければならないことから、この資格そのものの有効性を教えていただけませんでしょうか。 転職市場全体、コンサルや商社、海外進出を図るメーカー内での評価をお聞かせいただければ幸いです。 私の経歴も踏まえた上でいま取得すべきか、そもそも転職できるかということもアドバイスいただけたら大変助かります。
フィールズ(パチンコ卸業者)の山本社長は日本人ですか?
日本の建築業界の現状、将来の展望を教えてください。 建築業界は不況、倒産と悪い噂しか聞きません。海外に進出しても、中国などの企業には価格の面でまったく勝負にならず、 海外進出に成功した日本のゼネコンの話は、聞いたことがありません。 かつては、日本を支えた業界だと思いますが、今のイメージは、お先真っ暗なイメージしかありません。 かつては、知人が設計会社を立ち上げたり、別の知人は土建業者を立ち上げたりして、両者ともにベンツを何台も所有してました。彼らは非常に羽振りが良かったのを覚えていますが、今は借金に追われています。 日本の建築業界が今後どうなっていくのか、ご存知の方がいらっしゃれば連絡をお願いします。
自動車部品会社今後8月以降仕事は減りますか?エコも終了しますし。外注で仕事頂いている者です。なかなか仕事頂いてる会社さんには質問できないので。 今後部品業界どうなりますか?
タイへ商品を売りたいのですが。 友人と小さな製造業を営んでおります。 クレーム処理の際に九州で小さな漬け物屋を見つけ、通っている内に仲良くなり新商品の試食やサンプル品をもらうようになりました。 偶然学生時代の友達がタイに何人かおり、長期の時も短期の時もありますが何度も遊びに行っていたので タイの地理や人柄などに馴染みがあることから、タイにこの漬け物を輸出してみたいと思うようになりました。 通訳は現地のタイ人の友達に頼むつもりです。既に現地展開していないかもこれから聞く予定です。 本職の製造の方が苦しいのもあり、ゆくゆくはうまくいけば九州の地元で頑張っておられる小さな食品メーカーさんとタイとの架け橋のような役割になれればと思います。 タイに友達がいるといっても食品会社にパイプがあるわけでも販売先の目星がついているわけでもありません。 苦しい時期ですが日本である程度現地企業の目星をつけ、自腹を切って現地に出向き商談をしていきたいと思います。 その小さな漬け物屋さんとは代理店の契約を結びたいと思っており、そこからタイでタイの総代理店になってもらえる所を探そうと思います。 前置きが長くなってすみませんが、その代理店の契約を結ぶ時に必要な物はありますか。 企画書を用意しなければいけませんが、そのような物は書いた事がないので、どのような内容で書けばいいのですか。 漬け物屋さんに納得してもらうにはプレゼンをうまくするのと、これから販路開拓をしていくという立場なのでコネはありません。契約は難しいですか。 同じくタイで代理店を探す時に現地企業との商談で必要な資料は企画書やサンプルの他に何か必要ですか。 つて無しで海外の企業と商談まで持っていくにはファーストコンタクトはメールでいいのでしょうか。 できればすぐに現地に行きたいのですが出先でバイヤーさん方とまったく会えないのでは出張の意味が無くなってしまうと思いました。 営業のような仕事もはじめてなので海外進出や商社経験のある方がおりましたら一から詳しく教えてください。
言語を3ヶ国語話せる人が就職や起業するとしたらどのような仕事に有利ですか?
東南アジアで経営コンサルタントを起業する。 閲覧ありがとうございます。 とある理由で来年から東南アジアのある国で日本から進出した企業向けの経営コンサルタントの会社を起業することになりました。 そんなの無理だ!とかは置いといて、経営コンサルタントの会社を起業するうえで持っているといい資格はありますでしょうか…? MBAがとれればよかったのですが、残念ながら来年からというのはもう決定事項です。 中小企業診断士などは海外でコンサルするときもあるといいのでしょうか? 日本の企業向けならあったほうがいいですか? 他にもあれば教えてください。 よろしくお願いします。
この人の言っている意味を要約できる方いませんか 最近、僕のビジネスの性質がドメスティクの枠を超えて急激にワールドワイドになりつつあります。 中国、香港、タイなどと。 本来のポートフォリオの意味は、金融機関や投資家さんなどが所有する各種の金融資産の一覧表を差し、投資の安全性や収益性を考えたいわゆるリスクヘッジ的な意味合いの言葉です。なのでタイトルのビジネスでのポートフォリオは僕なりの表現。 海外企業との取引はかれこれ20年近くになりますが、いわゆるスモールトレードレベルで、ガッツリと海外ビジネスをしていたわけではありません。コンテナ規模も過去に数回しかありませんし、普段はエアーで運べるレベルでした。 さらにはここ5、6年はその分野からコンサル業にシフトした関係もあり、海外との取引は皆無に近くなっています。 僕個人の目標というかビジョンの中には、もちろん海外進出もしたいし、将来的に海外に住んでいみたいという思いもありましたが、そもそもは計画性があったものではなく、空想の域にすぎませんでした。でも考え、願う事は、いずれは行動に移り、そして成就するもので今のビジネスのスタイルはそうなりつつあるのです。 ここ数年、日本経済の本質についてそれなりに研究してきました。 それは過去のブログを見て頂いたらお分かりかと思います。 人口の減少期を迎えた日本。巨大な国債発行額。国だけではなく地方のプライマリーバランスなど、プラス要素は少なく少ない望みでもあった、インバウンド増の内需見込みも原発問題と共に距離がまた遠くなりました。日本経済や行政の構造改革も今となっては形骸化していますしね。政治的解決は現状不可能に近いでしょう。 人生の半分は自営業という手段で生業を営んできたので、年間数%人口が減少する日本そして、企業や資産の海外流出が続くなかでもこの国で生まれたからには、ここで生活し、ビジネスという経済活動を続けなくてはいけません。
USCPA(米国公認会計士)を取得&留学してのキャリアアップについて質問です。 私は新卒後、サービス業にて法人営業経験2年→2007年春に転職して同じくサービス業(コンサル色強)にて法人営業経験8ヶ月めです。 今後キャリアアップ(キャリアチェンジ)のため2009年秋までに働きながらUSCPAの勉強をすませ、渡米し、カリフォルニア大学にて1年間勉強しつつUSCPAを受験します。その後1年間現地で有給で働きます。(そういうビザがとれるプログラムです) 目標:営業からのキャリアチェンジ、帰国後に外資系企業もしくは海外進出している日本企業で財務や経営企画に携わること。(*1)必ずしも監査法人に入ることを目標とはしていません。 今迷っているのは ?カリフォルニア大学で何を専攻するか ?現地で有給で働く際、どういった職務を選択するか ?帰国後の就職です。 ?マーケティング・ビジネス一般・アカウンティングの3つで迷っています。 ?経理の経験は皆無です。財務などに将来携わる際、アメリカで1年でも経理の経験があった方が有利でしょうか。 ?日本では営業の実務経験しかありません。無事USCPAを取得し、カリフォルニア大学で勉強し、現地で1年働いたといって、営業からのキャリアチェンジに役立つでしょうか。サービス業しか実務ではしておりませんが、メーカーなどにもチャンスはありますでしょうか。 留学経験がある方、外資系企業の人事の方、海外進出している企業の人事の方から見て、こういった勉強・経験をしたら実務に活かせるのでは、というアドバイスがあればぜひお願いいたします! *1:キャリアチェンジの理由は、今後家庭を持ち長く働くにあたって、営業は体力的に厳しいということと、長く働くのであれば、経営全体を見る力をつけたいということです。
回答有難う御座いました。 具体的に質問させて頂きます。 >将来的にはなにかしらの国際協力の仕事に就きたい ここに関しての情報が不十分でした。申し訳ありません。 私自身としてはマネジメント・企画などのジェネラリストとして携わりたいと考えています。 というのも?もともと人とコミュニケーションをとりながらつないでいくという裏方としての仕事が好きなこと ?教育社会学(具体的にいえばESD=持続可能な開発のための教育)が現在の学部時点での専門としてあるのですが、正直この専門性を大学院で磨いても国際協力の業界では武器とはならないのではないか?という不安があること(ご存じのとおり開発コンサルでも文系は少ない) ?家族の関係もあり将来的には日本に軸足を置きながら国際協力を行いと考えている(JICEなど) 以上のような理由でジェネラリストとしての将来を考えています。 以上を踏まえてここからが質問です。 もしこのようにジェネラリストとしての道を考えるなら大学院にはいかずに国際協力に関係なくてもまずは民間で企画・マネジメントなどの社会人経験を積む必要があるのではないでしょうか? もしくは大学院に行くとするならば教育のような専門性ではなく、ジェネラリスト用の大学院に行ったほうがよいのでしょうか?ただこれまで教育社会学しかやってこなかったので大学院でアカデミックに研究するほどの知識・経験はないですが・・・・ 本当にこれまでの自分のリサーチ不足を心の底から悔やんでいます。 ただ昔のことはいまさらどうしようもないのでこれから何ができるかを前向きに考えたいと思っています。 厳しい言葉でも構いませんので回答やお言葉をいただけると幸いです。
中国へ進出した経験のある企業はどうゆうふうに中国企業を調査したりビジネスパートナーを見つけたのかお教えください。
生命保険契約者保護機構というのがありますが、保険会社が破綻した場合に90%までは補てんされると聞きました。 ということは、例えば、入院給付金10000円の人は、90%の9000円までであれば保障されるということですか??
大学の自己推薦文に将来は金融コンサルタントになりたいと漠然に書いてしまい、出願してしまったので、今更なんですが、とても不安になってきました。 学科は国際経済 小さい頃から留学を経 験し、互の国の文化を教えられるような人になりたい。と書いてしまったんですが、 正直金融コンサルタントは海外進出など可能ですか? 私自身空港で働きたいなという思いが強くなってきたのですが、 面接で将来の夢はなんですか。と聞かれたとき 再度考え直して、 金融コンサルタントではなく、空港で働きたい。と言ってもいいのでしょうか。 将来の夢について突っ込まれそうな問題をいくつかあげて欲しいです。
【コイン100枚です。福岡銀行と西日本シティ銀行について】 詳しめに書いていただけると嬉しいです! よろしくお願いいたします。 ?福岡銀行は九州NO1(総資産?)の銀行と言われていますが、九州に進出しているメガバンクよりも貸出金が多いということでしょうか? ?九州の方(特に企業)がメガバンクよりも福銀を利用する場合、そのメリットはなんでしょうか? ?福銀と西日本シティの貸出のスタンスとその理由を教えてください。 西日本シティ銀行は中小企業向け貸出金が77.2%だとHPで見ました。 だとすれば福銀は大企業や公共事業向け貸し出しがメインなのかなと思ったのですが、 なぜ中小企業向けの貸出が少ないのでしょうか? 西日本シティ=たくさんの中小企業+個人向け貸し出しで利益をあげる 福銀=顧客数は少なくても大企業向け貸出に注力し利益をあげていく というスタンスなのでしょうか? もしくは、西日本シティも大企業向け貸出を増やしたいが、 福銀から顧客をひっぱてこれない or 大企業やプロジェクトファイナンスなど大規模案件にも対応できるような複雑な融資方法が十分に確立されていない などの理由でしょうか? ?福銀と西日本シティそれぞれの今後の成長性を教えてください。 ざっくりとですが、海外進出支援やコンサル強化などどちらも押してることは同じような感じかなと思ってます。 ですが例えば ・福銀は 福岡フィナンシャルグループの傘下にあること、また、ふくおか証券ももってることで何かしらの成長が見込める。 ・西日本シティは中堅・中小・個人との強いリレーションが生きてくる などなど九州の地銀としてどちらのどんな強みが今後の成長につながるのか考えをお聞かせ願いたいです。
商社 営業をしている者です。 これまで本社所在地でのみ商社営業をしていたのですが、 新しいプロジェクトでとある離島で営業をする事になりました。 (人材不足の為急遽担当に) この島は 元々弊社が取り扱っている商品自体の市場規模が小さく又、新規での進出という事もあり初めの頃は苦労しましたがなんとか商事部のみでなら存続できる利益を持続して上げることが出来ました。(経費削減を部内で徹底し、市場規模としてもこの利益が限界でした) しかし他の部署が中々数字を上げることが出来ず、又従業員も適正であるのに新しく5人現地採用をし、全体として赤字となっており、近々撤退する可能性もあるとの話まで出てきました。 会社自体は全面撤退する考えです。 元々 数人の権力の強い役員が強引に進めてきた進出計画で 市場規模が小さく今後売上見込みは横ばい 又諸経費がかかり過ぎているので赤字である(定量的に実際の数値を示した表も合わせて提出) との報告もしたのですが、商事部が利益を出しているのだから他の部署も出来るはずだの一点張りでした。 本社に戻る様にとの話も有るのですが、会社に嫌気がさし、戻る気になれません。 他の部署の方、特に現地採用の方の殆どが解雇、 苦しい環境の中努力していたのに数人の役員のせいで解雇する事にとても憤りを感じています。 弊社はこの数人の役員の力が強く、他の従業員が萎縮して中々反対出来ない社風があり、過去にも強引に海外進出を行い即撤退した経緯がありました。社長は居るのですが外部から来て頂いた二代目で創業以来の役員の意見が最も強く、役員の派閥もある状態です。 本社に戻ってもまたこの様なことが起きると思うと戻る気になれずにいます。 思い切って転職しようにも新卒依頼この会社一筋でやってきたので中々転職に踏み出せずにいます。 こういった状況を経験した方もしくは転職経験がある方に相談したいのですが、このまま本社に戻るか転職か どちらが良いのでしょうか? 自身としては転職したい思いはあるのですが経験した事が無いのでとても不安に思っています。
オススメの資格を教えてください。 本日、11/15の日商簿記2級・3級の結果が届き、無事合格でした。 特に2級は難しい回であったようで合格率12.9%の試験で92点を獲得できたのは少しばかり自信へと繋がるとともに、「まぁ言ってもやれば受かる資格だしなぁ」という思いもあります。 この簿記の併願は7月からおおむね1日1時間のペースで勉強していました。 (正確なご助言を頂戴したく、お伝えしている情報ですので合格されなかった方への他意はございません) 11/28の全経簿記1級(こちらも合格しました)が終わってからはFP技能士2級(金財)を勉強中であり、 現在は2015年1月・9月・10月(再試験問題)の過去問を解き学科実技ともに7割程度の完成度です。 そこで1月のFP技能士が終わってからなのですが、何の取得を目指すべきかご助言を頂ければと存じます。 現状は経理でもなく、特に何を取得しても活かせる仕事ではございませんので、足がかりに今後の転職を考えております。 何年も継続して勉強するつもりはないので1年で、あるいは最長でも2年での取得を目指しています。 現在考えているのは 1.FP技能士1級 2級の流れで取得を目指せそうである点が理由ですが、難易度に見合った報酬が得られるのかが悩ましいのではという点が気になり、また適切な教材を見つけづらいという噂も聞いています。 2.中小企業診断士 こちらも俄か知識ながらFPと簿記が活かせそうな印象から選びました。科目合格であるようなので万一うまく進まずとも分割が聞きそうである点も良いのではないかと考えています。 現状はこの2つくらいしか思い浮かばないのですが他に何かあれば、あるいはこの2つについてご助言や注意点があればぜひご助言よろしくお願い致します。
将来公認会計士を目指す大学1年生です。 今日の講義で公認会計士の業務はインド人でも十分任せることができ、おまけに人件費が安いため日本で公認会計士として働くのは将来厳しいかもしれな いということをおっしゃっていたんですが、もしそのように日本の監査法人の監査業務がインドに移ってしまうならこれから日本の公認会計士はどのような場で活躍できるのでしょうか?
商社の志望動機について。これといった夢ややりたいことへの情熱がありません。 こんにちは、就職活動真っ最中の大学生(女・文系)です。 この時期に今更人に聞くのは自分でもどうかと思いますが、色んな方のご意見を聞ければと思い質問します。かなり長文ですが、お力を貸してください。 端的に言いますと、総合商社(総合職)を志望しているのですが志望動機がうまく書けません。というか、どこまで正直に書けば良いのか困っています。 メーカー→同じモノを延々と作り続けるのは面白くない、意思決定までの距離が遠い 金融→お金を動かすのみで第三者的な立場(商売を実際にする当本人になれない)は嫌だ コンサル→第三者的な立場、金融とほぼ同じ理由 などなど、諸々の消去法で総合商社が残りました。 よくESや面接で「うちでやりたいことは?あなたの夢は?」という質問が多いと思うのですが、上記のとおり、消去法で残ったため絶対にこれをやりたい!という熱い思いに欠けます。途上国にインフラを!日本に(日本の)これを広める!とか、そういうのが無いです。 正直、お給料が高くて、かっこよくて(私は女ですが、日本全国や海外を飛び回って男のようにモリモリ仕事したり、泥臭いことでもタフにこなす姿に憧れます)、海外に行く機会が多くて・・(海外に興味があり、留学もしました)という、商社を志望するほとんどの学生が心の底で思っていること以外思いつきません。結局のところ、「こんな大人(姿)になりたい」という像に一番当てはまるのがいわゆる「商社マン」だった、というだけのことです。しかし、こんなことは改めて言うことではなく、プラスアルファで何かが必要なのだと思っています。 トレードよりも事業投資が多くなっているという話はよく聞きますが、 事業投資自体は面白いと思いますし、インフラ系にも興味はあります。 なので、最初は重工業系やゼネコンなども志望していたのですが、 結局同じモノを扱い続けることへの「なんか違う」感があり、 また、海外進出へのノウハウ(圧倒的な資金力や人脈も含め)を以てビジネスをする商社の方がいいな、となりました。 しかしこれだと前述の第三者的な立場は嫌だ、という考えに矛盾するような気もします。 海外でビジネスをする国内企業だけでなく現地の企業に対して投資したりそれらを繋げたりするのも商社がいいなと思う点です。 (↑そもそもこういう認識で合ってるのでしょうか?) 勿論トレードも面白いと思います。 しかし、繰り返しになりますが、面白そうだな、あんな風になりたいな、とは思うものの、 絶対にこれをやりたい!というものがありません。絶対ここに入りたい!という部門もありませんし、よくも悪くも、「何でもします」のスタンスです。(興味は何にでもあるつもりです) 商社もいったん部門に配属されれば、よほどのことが無い限り 畑違いの部門に異動することは無いと思いますが、 一つの組織の中に色んなことをやっている人間がいて、色んな情報がある、という商社のあり方が魅力的です。 ざっと今商社に対して自分がいいなと思っていることを書きましたが、 総合的に見て「良い」と思った、くらいのものです。 社員の方との座談会などで「やりたい部門とか無くても大丈夫だよ」と仰る方は多いのですが、「じゃあESや面接でやりたいことなんて聞かないでー!」というのが私の本音です。 どうすればいいのでしょうか。 かなり長くなってしまいましたが、こういう風に書けばいい、とか、ここをもっと考えるべきだ、など アドバイスがあれば是非お聞きしたいです。 何か情報が足りないのであれば補足で書きます。
東京に在を置く製造業です。 現在、一部の分野に関して、海外に製造拠点を設けるための 前準備としての情報収集を行っています。 海外進出に際しての成功談、失敗談のような「生」の声が掲載されているサイトをご存知であれば教えていただけないでしょうか? JETROとかコンサルタント会社のサイトなども見たのですが、 「データ」としては結構入手できるのですが、 「生」の実体験はなかなか見つからなくて・・・。
中国に新幹線を輸出したメリットは何ですか? 最初の数量だけ日本で生産して残りは中国に技術移転で現地生産だと聞きました。新幹線の輸出プロジェクトは世間で騒ぐほどのビックビジネスなのでしょうか。地下鉄車両の輸出と変わらないですよね?
国際社会では、異文化を知り、相手によって対応を変化させることが重要です。 1. 若手中途社員を採用する際、最近気をつけるようにしていることがあります。 日本人は実際の実力以下、欧米人は実力以上に自己アピールする傾向にある。中国人は履歴詐称の疑いも含めて、採用後驚くべき実力不足が発覚することがある。 よって、日本人は2割増、欧米人は2割引の実力を想定、中国人には実際テストを実行して実力確認するといった対応をとり、単純比較しないようにしています。 2. 仕事上の衝突がある場合も、相手によって対応スタイルを変えるようにしています。 日本人- 謙虚な主張、根回しが効果的。上下関係、顧客対応、礼儀が厳しい体育会系。 欧米人 - 証拠やデータに基づいた理詰め主張が効果的。感情論は価値がない。 中国人 ‐ 徹底的な上から目線での態度が効果的。知識・経験豊富と認識される事が重要。 印度人 ‐ 温厚な態度かつ理論的主張が効果的。声高な姿勢は逆効果。 外国人に、日本の常識に基づく「良き態度」をとり、また日本の常識で考える「良き反応」を期待しても、事は上手く運びません。 これらは、学生の国際交流や、趣味程度の関係ではなく、利害関係が存在し、綺麗ごとでは済まされないビジネスの中で、外国人ともみ合わないと分からないことだと思うのですが、国際社会で活躍されている日本人の方々は、どうお考えですか。 またこれが、国を背負う政府や外交官の外交態度にもつながると思います。 日本はもっと、相手国によって外交スタイルを変えながら、柔軟な対応が求められると、私は考えています。 (補足) 私の今までの経験は、日系&外資金融、外資コンサル、日本および海外勤務です。
外資系企業のメリットとは? 現在、大学生の者です。就活をするため様々な企業について調べていたのですが、外資系企業がいい理由は何なのでしょうか? 確かに、外資金融、コンサルは日系企業と比べ物にならないほど給料も高いと思いますが、外資全般が高給なわけではないように思います。 例えば、ユニリーバやロレアルなどが日系企業と比べてよい面というのはあるのでしょうか。多少、収入はいいかもしれませんが、ボーナスや住宅手当などを考えると日系企業のほうがいいことのほうがあるように思いました。 また、外資なら英語が話せて当たり前だと思いますが、その環境下で福利厚生などがあまり変わらない、もしくは劣るとなると、英語が話せる人材として日系企業に就職するほうが結果として高いポストに就けるのではと思います。 世界的には有名な、エクソンモービルやキャタピラ―などの企業も、日本で就職するとなるとその後のキャリアプランがどうなっているのか気になります。 外資系で働いている方や詳しい方にお聞きしたいです。よろしくお願いします。
就職についての質問です 自分は今語学留学で大学に通っています それで自分の将来の仕事について悩んでいるのですけどどういう仕事につけるのかはわかりません 自分の特技と言ったら日本語とタガログ語、それと英語を少し話せるくらいです いろんな人と関われるような、それで給料のいいような就職先とは例えばどこですかね? できれば自分のスキルを有効活用したいと思っています 自分の大学だと日本への就活などありませんから全然情報がわかりません…よろしくお願いします 前はユニクロや空港で働きたいなとは思ってました
都市計画またはランドスケープ設計で働いている方へ、就職活動についてのご質問です。 現在イギリスの大学院でランドスケープの勉強をしている者なのですが、日系企業のランドスケープ設計または都市計画での就職を新卒枠で希望しております。そのため修士設計では、ハワードの田園都市論を機能させた日本の田園都市における サスティナブルオープンスペースの提案(仮名)について研究しようと考えています。その理由としまして、イギリスでの利点(田園都市論の成功例としてあげられるレッチワースなど、ハワードの博物館)があることと、日本もイギリスも都市近辺の街はベッドタウンや高齢化問題を抱えることから、イギリスで学んだことを日本の企業で働く場合でも活かす糧となり、 日本の都市計画や構想の段階でホームランにはなりませんが1塁に行けるのではないかと考えました。しかし、私は職務経験をもたず留学したので、企業で働く方と学生経験のみの私では、捉え方の差があると考え3つ程ご質問させて頂きたい所存であります。 1つめは、日本の都市計画においての田園都市論の評価です。 実際には、風土や地形などの理由により田園都市論が機能していないと聞きました。そういう上で今後の日本企業の都市計画部門で塁に出れる研究と考えられるものなのでしょうか。 2つめは、都市計画やランドスケープ部門の就職において、どの程度の質の論文またはデザインが採用要件などを満たすことができるのでしょうか。大抵のエントリーシートでは、コンペ受賞歴などの記載欄がありまして学内でのワークプロジェクトのみしかやっていないので、しっかりした修士設計でカバーすることはできないかと考えており質問させていただきました。 3つめは、サスティナブルランドスケープデザインについてなのですが、英国自体がランドスケープの分野において環境評価や維持に力を入れているらしく授業でもよく取り上げられるので手法を活用できる対象地を選定しデザインしようと考えているのですが、こちらも日本ではどれほどのニーズと需要があるとされているか教えていただけないでしょうか。 少々辛口目で評価とアドバイスを頂けたら幸いです。 荒削りな文面で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
新会社設立時のデューデリジェンス費用は、資産計上できるのでしょうか? 海外で新しい国に進出しようと考えており、最初は現地の既存企業の買収を計画。コンサルを起用してデューデリジェンスを行いました。取引が上手くいけば、このデューデリ費用は有価証券の取得原価に算入しようと考えていました。 ところが調査を進めるうち、買収よりはその相手先と合弁で新しい会社を設立したほうが良いのではというプランになりました。 この場合、既に払ってあるデューデリの費用は資産計上できるのでしょうか?またできる場合はどのような勘定科目になるでしょうか? デューデリの成果物は、相手先の会社がもつ営業力や保有特許権などで、これらは新会社設立スキームでもそのまま使用できます。 よろしくお願い致します。
監査法人の仕事はオススメですか? 公認会計士の仕事に興味があります。監査法人での勤務の魅力はどのような部分にあると思いますか? 私は法律と会計の知識が活かせて、さまざまな会社のビジネスに触れられる ことが魅力だと考えています。 未経験で20代中盤で入ると年収は残業代込みでどれくらいになりますか? 実際にご経験がある方に是非ご回答お願いできましたら幸いです。
モバゲータウンを運営するDeNA に弱点はありますか? 南場智子が産経新聞に出てます。 ↓ 【WEB人】 モバゲータウンを運営するDeNA 南場智子社長(48) 2011.3.17 09:15 産経新聞 スマホで面白さ追求 「スマートフォン」「グローバル」。 2400万人の会員を擁し、日本の3大SNSの 一角を占める「モバゲータウン」の運営会社社長として、 「今年の戦略は?」との問いに迷いなく答えた。 「想像以上に速いスピードでユーザーがスマホへ 移行している。 携帯電話向けサービス以上に愛されるものを 国内でも海外でも提供していく」 「怪盗ロワイヤル」を筆頭に数々のヒットゲームを 送り出してきた。 「スマホでも知見がたまっていけば、 面白いことができるはず」と自信をのぞかせる。 中国最大級のSNS「天下網」や 米アプリ開発会社「ngmoco」を傘下に収め、 海外展開の“橋頭堡(きょうとうほ)”を築いた。 「ゲームデベロッパーあってのプラットホーム。 一緒に海外へ進出していきたい」と “パートナー”を気遣う。 昭和61年、津田塾大を卒業後、 米系コンサルタント会社「マッキンゼー」に入社。 「ミーハーな気持ちで入っただけ。 デキは悪かったですよ」と謙遜(けんそん)するが、 同社で役員まで登り詰めた。 ネットオークション事業を提案したクライアントから 逆に「あなたがやれば」といわれ、 平成11年に同僚とDeNAを設立、 「ビッダーズ」を開設した。 「迷いはなかった。熱病にかかったみたいに働いた」 というが、4年連続で赤字を出した。 「人にアドバイスしているうちに自分でもできると 勘違いした。経営コンサルなんて経営のアマチュア」 と振り返る。 ショッピングサイトにシフトし、14年度下期で初の黒字に。 「黒字化には達成感があった。 赤字は世の中の資源を食いつぶしていることだから…。 一緒にやっていたチームも少しずつ堂々としてきた。 成功体験でしか人は成長しないと気づかされました」 16年に携帯電話向けオークションサイト「モバオク」、 18年には「モバゲータウン」をオープン、 大きく飛躍した。 DeNAの23年3月期の予想売上高は1130億円、 経常利益は553億円。 東証一部上場の株式の時価総額は4900億円にもなる。 「私はモバイル信奉者。生活に密着している 携帯でネットにアクセスできたら、 パソコンを超えて情報生活の主流になると信じていた」。 “情熱家”“信念の人”と呼ばれる女性経営者が放つ、 次の一手に注目したい。 (池田証志) 2011.3.17 09:15 産経新聞

->Yahoo!知恵袋 解決済みに移動

教えて!Goo

読み込み中・・・
内需型企業と外需型企業では今後どちらがいいのでしょうか? 内需型企業(インフラなど)や外需型企業(自動車、電機など)のどちらにも行けるとしたら皆さまはどちらに行きますか? 今後、40...
初めまして。 私は日本で修業をし、海外のある人気都市で20年ほどの間に数カ所の有名レストランで板前の仕事をしております。 現在の職場では8年ほど今の店舗の立ち上げからずっと料理...
就職活動と自身の野心、社会で生きる事について 世の先輩方に人生についてのご意見を頂きたく、質問をさせて頂きます。 現在私は大学4回生で就職活動をしておりますが、中々思うよう...
こんにちは! 初めて利用させていただくので、 足りないところがあると思いますが、 最後までお付き合いくださると嬉しいです。 私は今現在、高校1年生の女です。 中学校の約3年間を、...
コンサルタントになりたいと考え、いろいろなことを勉強したりして 知識を蓄えています。 でも、そもそもコンサルタントに必要なもの(本質的に)なんだろうと 考え始め壁にぶつかって...
ミャンマーの民主化を皮切りに、近隣の東南アジア諸国にも投資が相次ぎ これまでの発展途上国の経済成長が勢いづいているそうですが、国際経済に詳しい皆さんは これをどう見ています...
すみません、経済まったくの素人です。 今回タイの洪水で、タイに進出している日本企業が多いことに驚きました。 だれかが「全部東北地方でやれば」ってどこかで書いてましたが、 き...
僕は今二浪してるんですけど、勉強まったくしてない現実逃亡者です。 楽ばっかしててほんと自分を追い込んでます。 そこで今年一年家をでて色々世の中の厳しさにふれてみようとおもっ...
就活を終えた大学生です。 就活中、企業を選ぶ際は会社や業界の将来性をしっかり予測しないと、今は伸びていてもいずれ落ちてしまうような会社に入って後悔する、みたいなブログや記...
日本企業の国際活動も広がり、海外進出などの手段として企業の買収、合併などが増加してきていると思います。 そこで質問ですが、例えば日本の菓子製造会社が、海外の菓子製造会社を買...

->教えて!Gooに移動

はてな

読み込み中・・・
検索結果:0件

->はてなに移動


▲ページ先頭へ(再検索する)