Q&Aサイト横断検索「痛風?@治療?w?j」で検索した結果

Yahoo!知恵袋 解決済み

読み込み中・・・
hbalcの急激な低下がもたらす弊害について 本年1月に職場の健康診断で、糖尿病と認定されました、51歳男性です。 hbalcは12.1もありました。 医者からはインスリン注射を勧められましたが拒否。 1日1800キロカロリー厳守、メトグリコ・エクアの服用で経過観察に。 大好物の麺類を泣く泣く厳禁し、野菜サラダと納豆を主食、テナントビル4階の勤務先には階段使用の、最低限守れる可能性の高い3つの目標を立てて、日々を過ごしてきております。 以降、2月〜4月のhbalcは、11.9、9.4、7.7と急激に下がりました。 医者からは劇的な改善と褒められましたが、以下3つの症状が徐々に強まりました。 1:足指のチクチクとする痛み 2:便秘 3:睡眠障害 特に便秘と睡眠障害はリンクし、日中は便意はあっても排便できず、就寝中に便意を覚え排便というように、便意の為にぐっすり眠れないjジレンマに陥っています。さらに足指の痛みも睡眠の邪魔をします。 もちろん医者にも報告。足指の痛みは合併症の疑いが強いが、便秘や睡眠障害は総じて、hbalcの急激な低下に体がついていかないんじゃないかと。ホンマかいなと、疑ってしまいます。 睡眠障害のためか、個人的には、糖尿病治療開始前よりも体調が悪くなっている気もします。 hbalc12.1はひょっとしたら私にとっては適正値だったのかもと、とんでもない妄想に囚われたりもします。 hbalcの急激な低下がもたらす弊害と解決方法について、糖尿病専門医の方、患者の方、どうかご教示ください

->Yahoo!知恵袋 解決済みに移動

教えて!Goo

読み込み中・・・
検索結果:0件

->教えて!Gooに移動

はてな

読み込み中・・・
検索結果:0件

->はてなに移動


▲ページ先頭へ(再検索する)