Q&Aサイト横断検索「ideco」で検索した結果

Yahoo!知恵袋 解決済み

読み込み中・・・
iDeCoと積立NISAを始めようと考えています。 税金の優遇があるiDeCoをまず始めようと思っているのですが、積立NISAにも興味があります。 両方始めるのはあまり意味がないでしょうか? iDeCoは60歳以降の蓄えのため、 積立NISAは資産運用+60歳まで・以降からの蓄えのため、 と考えていますが、潤沢な資金があるわけではないので、2つ同時に始めるとそれぞれにかけられるお金は月々1万円ずつくらいになります。 ・2つに1万円ずつで両方始める ・1つに2万円で始める(これだとiDeCoのみにしようと思っています) どちらが良いでしょうか。 また、より良い方法の案があればアドバイスください。 以下、当方の経済状況です。 29歳、女、独身(婚活中)の会社員です。 手取り約25万、年収450万〜500万(臨時ボーナスが出ると500万超える)、 総合口座(ゆうちょ)に約100万→普段使いの口座 通常貯蓄貯金(ゆうちょ)に200万→当面は手をつけない貯蓄 定額貯金(ゆうちょ)に計44万→手をつけない貯蓄 (2回海外旅行に行っているため、貯蓄はそこまで多くたまっていません・・・) 使い込む月、簡素な月の平均をざっくりと取ると、 月々の生活費(食費・固定費・交通費など支出全て合わせて)は20万くらいです。 なので、今後は毎月5万円を貯金・積立に回そうと思っています。 ・そのうち3万→通常貯蓄貯金へ ・残った2万→iDeCoや積立NISAへ ボーナスなどのまとまったお金は、今度新しくSBJの口座を開設する予定なので、 そこに定期預金で預ける予定です(金利0.3~0.4) iDeCoと積立NISAへのご意見、宜しくお願いします。
確定拠出年金(ideco)を始めるべきか 20代女性です。 個人事業主として仕事をしているため、厚生年金などがなく、将来に漠然とした不安を抱えています。 収入は多い訳ではなく、月に貯金に回せるお金は10万円程度です(実家暮らしのため、貯金の割合は高いです。) 60歳まで引き出せない、ということを考えて、貯金の中からidecoでの積み立てに回せるお金は月1?2万と思っているのですが、このような少額でも今すぐidecoを始めるべきでしょうか? 一番メリットに感じていることは、掛け金が所得控除の対象になっていることです。(節税効果) 心配なことは、将来、積み立てできないなどの状況になっても手数料はかかり続けることです。 20代からidecoを始めることについて、いろいろな方の意見を伺えたらと思います。 よろしくお願いいたします。
積立NISAとidecoどっちをやればいいですか?
投資信託初心者です。 楽天証券で、ideco(毎月23,000円)と積み立てNISA(年間上限40万を毎月)を併用しています。利用枠全て使いきる感じになります。 まだ余剰分があるため、特定口座でいく らかは運用予定です。 初心者なりに調べた結果、2019年は下記で運用しようと思っています。 ideco 楽天全米株式インデックスファンド 50% たわらノーロード先進国株式 30% インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式 20% 如何でしょうか。 また、この場合積み立てNISAの方は、どの商品がいいなどありましたらお願いします。 この商品を100%は如何でしょうか。 (積み立てNISA) eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 100% 全体のバランスが分からず… なにかアドバイスがありましたらよろしくお願いします。
idecoへ加入すべきかどうか悩んでいます。 20代後半の男性です。 idecoのメリットやデメリットを概ね把握した上で質問します。 強制的な老後資金積立で節税効果も得られ魅力に感じますが、 これらはidecoのルールが恒久的なものであることが大前提だと思います。 例えば… 60歳からの受け取りが可能となっていますが、 私が今から加入し受け取りまでの数十年の間に、 公的年金同様、受取可能年齢が65,70…と引き上げられるといった、 加入者が当初無かった不利益を被むるルール改定は絶対にない、 という保証はありますか? 「受取年齢を60,65,70から選べる」というような 選択肢が増える改定であれば何の問題もありませんが、 上述の「60歳からの受取」などの鉄板ルールが 壊されることがあってはならないと思います。 公的年金は現役世代が引退世代を支えるものなので 情勢によって支給額や受取年齢が操作されるのは 致し方ない面もあると思います。 子育て支援なんかも見通しが甘いなどで廃止はあり得るでしょう。 しかしidecoについては完全に「自分のための年金」であるはずで、 根本的な運用ルールを途中で変えられてしまったら 資金計画が破綻してしまいます。 その可能性があるなら加入に踏み切れませんし、 国が関わる制度は全く信用できなくなってしまいます。 自分のために加入にするのに、「入るんじゃなかった」と 後悔するようなことがあったら目も当てられません。 長くなりましたが、質問は一つです。 idecoの原則の改悪はありえますか。
扶養内(年収所得103万以内)45歳主婦(妻)が、イデコidecoに加入するメリットがありますか? 【状況】 私(夫)はideco(満額投資)、積み立てNISA(満額投資)加入済み。 妻も積み立てNISA(満額投資)加入済みで、 まだ投資資金に余裕があるので 妻のideco加入(23000円満額投資)も考えています。 しかし、 妻はパート103万以内で働いているため所得控除のメリットはありません。 イデコのデメリットに、積み立てNISAにはかからない手数料が重くのしかかるので、 利益分20%非課税を鑑みても、専業主婦の場合、あまりメリットはないとの指摘もあります。 【質問】 私の妻【45歳】の場合、15年積み立て可能なイデコに加入するより、特定口座を開いて投資を選択した方がよろしいのでしょうか? 投資を始めたばかりの素人なので、アドバイスをいただけると幸いです。
iDeCoについて、質問させて下さい。 私は44歳専業主婦で、夫は49歳会社員です。 現在夫の会社の厚生年金に、第3号で加入してます。 この度iDeCoを始めようと思います。 ●iDeCoは一銘柄に5000円?投資することが出来て、銘柄の変更はいつでも何度でも出来る(10,000なら2銘柄まで投資出来る)。 ●家計に余裕が出来ても掛け金を増やしたり、逆に苦しくなっても掛け金を減らしたり出来ない、と 考えれば宜しいのでしょうか。 また将来私が仕事を始めようと思ったら、面接の時にiDeCoをやっていることを伝えるべきなのでしょうか。 それが採用/不採用の判断の際に 不採用の材料にならないか不安です。 どなたかご存知の方、ご教授下さい。 お願い致します。
IdecoとつみたてNISAについて 当方27歳、株の初心者です。 Idecoを少額で始めましたが、つみたてNISAも始めようと考えています。(両方、楽天証券です) しかし、投資先をどのファンドにす るか迷っています。 Idecoを昨年11月に始め、楽天全世界株式インデックスファンドに月5000円積み立てています。 60歳まで積み立てるため、老後費用の足しにしたいという目的で始め、少額ですので少しだけでも増えればと考えています。 そこで、つみたてNISAを始めるにあたり、どこのファンドにするか悩んでいます。 ・金額は5000円〜10000円 ・目的は.お金を増やし、10〜20年後の生活の足しに ・10年〜20年という投資期間で増えそうなもの ・Idecoで全世界株式に投資しているので、NISAを株式に投資すると「同じカゴ」になり、共倒れするのではないか ・セゾンバンガードグローバルバランスファンドも検討しましたが、バランスファンドを選ぶことは積極的に運用するためにつみたてNISAを開設した意図に反しているのではないか いろいろ考えてしまいます。 なにかアドバイスを頂けないでしょうか。 よろしくお願いします。
確定拠出年金(ideco)を始めるべきか 20代女性です。 個人事業主として働いていて、idecoを始めることを検討しています。 収入は多い訳ではなく、60歳まで引き出せないことを考えて、月に積み立てられるのは1?2万円です。 一番メリットを感じることは、所得控除の対象であること(節税効果) 不安なことは、将来状況が変わって、積み立てできる余裕がなくなったときにも手数料はかかり続けること です。 20代からidecoを始めることについて、いろいろな方の意見を伺えたらと思います。 よろしくお願いいたします。
idecoと積立NISAを併用しようと考えております。 楽天証券とSBI証券の2つで、idecoと積立NISAを併用する場合、どのように登録したらよいですか? idecoと積立NISAって要するに口座名のことですよね? 登録の仕方がよくわかりません。

->Yahoo!知恵袋 解決済みに移動

教えて!Goo

読み込み中・・・
iDeCoは、サラリーマンの場合、月2万3000円(年27万6000円)。 積立NISAは、年間40万円まで、積立が出来るようです。 当初は、頑張って、限度額いっぱいの積立を開始したとして、途中で無理にな...
iDeCoとふるさと納税は両方出来るのでしょうか? iDeCoで掛け金の全額が所得控除対象となり所得控除を受けてるのにふるさと納税をするとどうなりますか? 両方適用されるのですか? それともi...
去年の夏からiDecoに加入しました。 しかし今年の4月から会社が確定拠出年金を始めるそうで、総務に聞いたところ併用出来ないので移行になりますと言われました。 企業型の確定拠出年金...
iDeCo(イデコ)による積み立てを行うと、所得控除の対象となる為、支払う所得税も減ることになってお得、とあります。 結果「実質2000円の負担で、ふるさと納税で寄付できる金額も減る」と...
IdecoとNISAについて以下の通りご質問申し上げます。 ■Idecoについて <本人> 1.以下の状況で私は新たに口座を開設してIdecoを開始する事はできるのでしょうか? ・1部上場企業に勤務。 ...
iDeCoでの受取時の税金について教えてください。 判る範囲でも結構ですのでよろしくお願いします。 【状況】 ・無職で、退職金は無し。 拠出歴10年。 ・iDeCo 60歳時の予測 拠出700万 資産...
iDecoの加入可否について システム会社に勤めています。 会社がJJKという確定給付企業年金基金に加入しています。 この場合、私はiDecoに加入できないのでしょうか?
・積立金額全額が所得控除 ・運用益が非課税 ・受け取るとき、年金受け取りの場合は公的年金控除、一時金受け取りの場合は退職所得控除の対象となる とメリットが唄われているiDecoで...
会社員です。 確定申告について教えて下さい。 現状は以下の内容です。 ふるさと納税はワンストップ特例で 完了済みです。 (5自治体以内、ワンストップ特例完了通知有り) iDeCoの開始が1...
銀行の元本保証のiDeCo定期預金って個人型確定拠出年金制度が適用されて掛け金の30%の税金分が還付されるそうですが、この還付を受けるには年末調整に記載しないと30%の還付は受けられな...

->教えて!Gooに移動

はてな

読み込み中・・・
検索結果:0件

->はてなに移動


▲ページ先頭へ(再検索する)